We are planning and managing the Workshop & Exhibtion for Museum( informal learning)

About Us

ミュージアムとインフォーマルラーニングにおける
新たな学びの場を共にデザインします

合同会社マーブルワークショップの前身である「任意団体マーブルワークショップ」は、ミュージアムの各施設にあわせたオリジナルワークショップを企画・開発・運営することを目的に2011年8月に結成されました。メンバーは青山学院大学ワークショップデザイナー育成講座の修了生と賛同してくれるボランティアで構成されていました。

結成から3年、全国のミュージアムをはじめ、様々なインフォーマルラーニングの場で活動を展開してまいりましたが、社会の中でワークショップという手法による学びをより普及させていくため、組織を発展的解消し、2014年7月2日に合同会社マーブルワークショップとして新たなスタートをきることとなりました。

今後はミュージアムを中心としながらも、インフォーマル・フォーマル問わず、お客様の伝えたいことや目指したい「学び」を、共に悩み考えながらカタチにしてくスタイルで事業を展開していきます。

 

【Marbleworkshopとは】

Marbleというネーミングに込めた意味を紹介します。

Marble の “M” は Museum の “M“ 。

ただそこに居るだけでもワクワクする博物館(ミュージアム)。日本にある博物館は約5,700館(平成23年度文部科学省調査)といわれ、その分野も取り上げられている展示やプログラムも多岐にわたります。郷土の歴史や自然を学ぶことができる郷土博物館、歴史や考古等のテーマ博物館、美術館、自然史博物館、動物園、植物園、水族館、科学館も博物館です。

「マーブル」のイメージは大理石ではなく「マーブルチョコレート」。あらゆる分野の博物館の持つ魅力を「マーブルチョコレート」ととらえ、それらを活かすというところからすべてははじまります。それは、モノ(資料)、コト(過去現在未来を問わない出来事)、バ(博物館空間だけでなく、博物館の所在する地域)、底に関わるヒト、全てです。
博物館を舞台にしたワークショップ、そしてプロジェクトに関わる人々が、“チョコレートが、解けて、交わり、新たな風味や加わり、これまでにないものができる”ような時間・コミュニケーション・学びをつくりたいと考えています。

ミュージアムの持つ「そこにしかない」モノ×コト×バ×ヒトの魅力を最大限に活かすこと

ミュージアムのスタッフ・参加者・わたしたちの“コミュニケーション”を大切に、関わるヒトたち全てにとって “学び”の機会を創造すること

を目指して活動を行ってまいります。

【業務内容】

1. 教育プログラム(ワークショップ、セミナー、イベント、シンポジウム、授業、研修等)の企画、立案、設計、運営、コンサルティング、コーディネート

2. 上記に関するノウハウの販売、経営指導及び業務受託

3. 社会教育施設における展示、教育に特化した企業展示会の調査、企画、立案、設計、施工

4. 教育向けコンピュータソフトウェア及びシステムの企画、開発、販売、運営、保守

5. 教育機材の制作・仕入れ・輸入・販売・販売代理

6. ハードウェアの制作、買取り、販売

7. グラフィックデザイン及びディスプレイデザインの企画及び制作

8. 前各号に附帯または関連する一切の業務

 

【スタッフ】

様々な学びの場において、場の持つ良さを引き出し、プロジェクトに関わる人・参加者すべてに新たな発見と学びを創造することを目指します。

代表:高尾戸美合同会社マーブルワークショップ 代表 高尾 戸美

1974年東京生まれ。小学校以降は札幌で過ごす。大学は北海道教育大学岩見沢校社会教育課程に所属。文化人類学を専攻し、アイヌ文化を学びつつ豊平川さけ科学館にて、河川調査・魚類飼育・教育普及活動等の業務をアルバイトやボランティアとして関わったことから、今後の人生では博物館と関わっていくことを決心する。

北海道教育大学大学院修了後は、札幌市豊平川さけ科学館での勤務、2000年〜2005年国立科学博物館勤務を経て、2005年〜2011年まで株式会社乃村工藝社による全国の博物館展示の企画・設計・施行プロジェクトや調査業務に従事する傍ら、日本ミュージアムマネージメント学会活動(JMMAチルドレンズミュージアム研究会に所属)や、大学教員および学芸員ら有志による巡回展「川と海を旅する魚たち」展のプロジェクトに参加し、国内外のミュージアムにて活動を行う。

2011年に青山学院大学ワークショップデザイナー育成講座修了後、仲間と任意団体「マーブルワークショップ」を設立し、代表として全国のミュージアムにてワークショップ活動を開始。2012年からは帝京科学大学にて学芸員養成課程における非常勤講師として博物館界の人材育成にも携わっている。2013年日本サイエンスコミュニケーション協会広報担当理事に就任し、現在に至る。

 

 ・生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー
・ミュージアムプランナー
・帝京科学大学非常勤講師(博物館展示論・博物館経営論)
・日本サイエンスコミュニケーション協会 理事
・教育学修士 / 学芸員 / 社会教育主事
・高等学校教諭第1種免許社会科(公民分野)
・中学校教諭専修免許社会科
・キッズコーチ検定3級

 

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 合同会社マーブルワークショップ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.