マーブルワークショップでは、横浜都市発展記念館企画展「五十嵐英壽氏写真展『新聞記者』がみつめた港の半世紀」展関連展示として、ミュージアムのエントランス部分を活用したインスタレーション展示を担当させていただきました。9月23日まで公開中です。

今回のインスタレーション展示は、大桟橋に寄港した大型客船と岸壁のお客さんをつなぐ紙テープの色とりどりの出会いと別れのシーンをイメージしたもので、五十嵐さんの撮影された写真と一体になったものです。

デザインを担当してくれたのは、関田義勇さん(インテリアデザイナー)・井上裕史さん(空間デザイナー)の二人。

フォトジェニックな空間となっていますし、無料エリア!ですので、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

企画展インスタレーション展示の様子

企画展インスタレーション展示の様子

Profile

関田 義勇(yoshio sekita

インテリアデザイナー/プロダクトデザイナー

1977年東京都生まれ 東京藝術大学大学院卒業後、インテリアデザイン事務所を経て、現在インテリア・家具のデザインを中心に活動

井上裕史(hirofumi inoue

一級建築士/空間デザイナー 1981年岡山県生まれ

東京藝術大学大学院卒業後、(株)乃村工藝社クリエイティブ局にて空間デザインを行う