2016年を振り返ってみるとマーブルワークショップにとって挑戦の一年となりました。

今年は、夏以降に実施したプログラムが全て新規のものとなり、科学をテーマにしたものから、防災に関するもの、まち歩き、映像取材、未就学児向けのアート、楽器づくり、古民家の活用、対話型と様々な分野と手法で展開しました。

また、これまでは一期一会型のプログラムが多かったのですが、かねてより希望していた複数回あるいは長期間をかけてつくりあげていくプログラムデザインにも取組むことができました。

これらのワークショップは、参加者の「やってみよう」という勇気と「やってみたい」というワクワクの好奇心、施設や教員等のクライアントの皆様やコーディネーターの方の多大なる理解とご協力、そして一緒に場づくりをしてくれたファシリテーターの仲間があったからこそ無事に開催することができたものです。この場を借りまして、改めて関わってくださった全ての皆様に御礼申し上げます。

毎回、ああすればよかったな、こうすればよかったなと反省することも多々あります。それらを活かしつつ、前向きに来年も果敢に新規事業へ挑戦していきたいと思います。

2017年、マーブルワークショップには新たな展開が待っています。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

たまろくトレイン探検隊夏季プログラム

たまろくトレイン探検隊の参加者とみんなで記念撮影

 

【2016年の活動はこちら】

活動実績