みなさま、いよいよシャケの季節がやってきました!

今年は、アイヌの伝統料理づくりに加え、新たなサケ関連廃材活用の楽器づくり実験室を開催します。

伝統料理づくりでは、メインのサケについてお魚に詳しい福山大学の高田浩二先生を迎えて、サケを解体しながらお話を伺います。
今年のシャケは東松島から。当日は定置網漁の様子についても紹介できればと思います。アイヌの伝統料理を通じて、みなさんと自然の恵みと食の関係についてお話しできたらと思います。
また、アイヌが靴素材として活用していた「サケ皮」の新たな利用方法を考える楽器づくり実験室も開催します。サケ缶とサケ皮を組み合わせた楽器づくりに挑戦します。どんな楽器が、はたまた本当につくれるのか・・・?
ご一緒にあれやこれやの実験を楽しみましょう。
どちらも、いつもアイヌのお茶“エント茶”をご用意して皆様のご参加をお待ちいたします。
==================================
●「アイヌの伝統シャケ料理」
アイヌから「神の魚」として大切にされてきた鮭。鮭をまるごと使ったアイヌの伝統料理をみんなで料理していただきます。
今年は東松島産のシャケをご用意しました。野生のシャケの神秘とアイヌの自然観についてもゆるやかに学べる場をご用意します。
日 時:2016年10月15日(土)18:00~20:00頃まで
場 所:IDEA R LAB (倉敷市玉島中央町3-4-5) ※駐車場あります
ゲスト講師:高尾 戸美(シャケちゃん):合同会社マーブルワークショップ
高田 浩二(高田さん):福山大学生命工学部海洋生物科学科教授
参加費:大人 3,000円、子ども(小学生まで)1,500円、
未就学児 無料※未成年は保護者同伴のこと
定 員:20名

対 象:興味のある方ならどなたでも
申 込:http://www.idea-r-lab.jp/?page_id=2210 (先着順)
ご用意いただくもの:当日は調理を行いますので、エプロンをお持ちください。
協 力:東松島食べる通信 http://taberu.me/higamatsu/

企 画:IDEA R LAB (http://www.idea-r-lab.jp/

Marbleworkshop.LLC(http://www.marblews.com/)

アイヌの伝統料理WS 東松島のシャケ チェプオハウ 14692132_512303735635862_5178012042785158514_o